働く意義

そもそも働く、仕事をするというのはいったいなんのためなのでしょうか。現代の世の中では、一般的には人間は生きていくために、衣・食・住が必要であり、そのためにはやはりお金が必要となり、生きていくためのお金を得るために働いていくという仕組みになっています。日々の生活の糧を得るためには、働かなくては食べていけなくなってしまうし、少しでも生活にゆとりをもたらしたいので仕事をしていくという人がほとんどではないでしょうか。

バイト・アルバイト働き方としては、自分で起業したり店を運営したりする自営業や、会社などの正社員・派遣社員、パート・アルバイトなどがあります。ちなみに、パートとアルバイトには明確な違いはないようで、一般的には、パートタイマーというのは、短時間で働く人で、アルバイトは短期間で働く人とされていることが多いようです。パートタイマーには主婦層の人が多く、アルバイトは学生など本業が別にある人の副業というイメージをもたれている人も多いと思われます。仕事の内容にもよるのでしょうが、いずれにしても正社員の補助的な役割を担っていることが多いと感じます。

正社員への道

バイト・アルバイト近年、世の中の情勢が厳しいということもあり、会社や企業も正社員で人材を確保するというよりは人件費も安く済むため、正社員はほんの一握りでほとんどがパート・アルバイトで成立っていることが多いように感じます。正社員となると、就職の求人倍率も高く、なかなか仕事が決まらず、もう1年留年したり、さらに専門学校へ行く人もいるようですが、パート・アルバイトでは間口も広く求人も多いため、仕事が決まりやすいでしょう。会社などによっては、アルバイトなどから、正社員への道が開けるところもあるので、まずはアルバイトとして働いてみるというのも1つの方法かもしれません。

ページの先頭へ